初心者にも分かる!格安SIMが使えるスマホの選び方

初心者にも分かる!格安SIMが使えるスマホの選び方

 

格安SIMを取り扱っているMVNOには、現在ドコモの回線網を使っているドコモ系MVNOとauの回線網を使っているau系MVNOがあります。

 

それぞれのMVNOで使えるスマホと使えないスマホがあるので、格安SIMが問題なく使えるスマホを選びましょう。

 

ドコモ系MVNOで使えるスマホ

ドコモで使えるスマホは大きく分けて3種類です。

  1. ドコモのスマホ
  2. SIMロック解除をしたソフトバンクのスマホ
  3. ドコモの周波数・通信方式に対応しているSIMフリースマホ

 

 

ドコモのスマホを使うのであれば、SIMカードを挿してAPN設定(ネットワークの設定)を行うだけですぐに使えるようになります。

 

ソフトバンクは通信方式がドコモと同じであるため、SIMロック解除をすればソフトバンクのスマホも使えるようになります。

 

auは通信方式がドコモと違うため、SIMロック解除をしても使えません。

 

 

SIMフリースマホの場合は、スマホ端末がドコモの周波数・通信方式に対応していれば、SIMカードを挿してAPN設定を行うだけですぐに使えるようになります。

 

ドコモの周波数・通信方式にはほとんどのSIMフリースマホが対応しているのですが、中には対応していないものもあるので、対応しているかどうかはしっかりと確認しましょう。

 

 

au系MVNOで使えるスマホ

auで使えるスマホは大きく分けて2種類です。

  1. auのスマホ
  2. auの周波数・通信方式に対応しているSIMフリースマホ

 

auはドコモ・ソフトバンクと通信方式が違うため、使えるスマホが限られてきます。

 

auのスマホ、もしくはauの周波数・通信方式に対応しているSIMフリースマホがau系MVNOで使えるスマホです。

 

 

SIMフリースマホを使う場合は2つのポイントに気を付けよう

 

SIMフリースマホを使う場合は2つ気をつけなければいけないことがあります。

 

格安SIMとセット販売されているSIMフリースマホを購入する場合は特に意識しなくても大丈夫ですが、自分でSIMフリースマホを用意する場合は2つのポイントをしっかりと確認しましょう。

 

 

技適マークを確認する

 

技適マークとは、電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明するマークです。

 

このマークがついていないスマホを日本国内で使用すると、電波法違反になります。

 

 

海外から輸入したスマホなどはこのマークがついてない場合があるので、技適マークがついているスマホを購入して使いましょう。

 

 

 

通信方式・周波数帯が対応しているか確認する

 

SIMフリースマホは色々な通信方式・周波数帯に対応していますが、MVNOの使用しているキャリア通信網の通信方式・周波数帯に対応しているかどうかは分かりません。

 

SIMフリースマホと通信網の通信方式・周波数帯が一致するか確認しましょう。

 

 

 

格安SIMが使えるスマホを選んで使おう

 

格安SIMとセット販売されているSIMフリースマホは何も問題ないですが、自分でスマホを用意する場合は格安SIMが使えるスマホか確認が必要です。

 

しっかりと確認したうえで、格安SIMとスマホを組み合わせましょう。