MNP乗り換えしやすい格安スマホmineo

MNP乗り換えしやすい格安スマホmineo

 

 

ドコモ・auの両回線に対応している

通信速度とサービス両方に定評のあるMVNO

 

 

mineoは、関西で低価格の光ファイバーサービスを提供する総合情報通信事業者ケイ・オプティコムが運営しているMVNOです。

 

2015年10月現在、国内ではドコモ・auの両方に対応している唯一のマルチキャリアMVNOです。

 

どちらの回線にも対応しているためスマホの選択肢も幅が広く、かなり使いやすい格安スマホです。

 

 

[目次]
mineoの料金プラン
mineoの良いところ
mineoの悪いところ
mineoの評価

 

 

 

mineoの料金プラン

 

ドコモの料金プラン(Dプラン)

タイプ 500MB 1GB 3GB 5GB
シングルタイプ

(データ通信のみ)

700円 800円 900円 1,580円
デュアルタイプ

(データ通信
+090音声通話)

1,400円 1,500円 1,600円 2,280円

 

 

auの料金プラン(Aプラン)

タイプ 500MB 1GB 3GB 5GB
シングルタイプ

(データ通信のみ)

700円 800円 900円 1,580円
デュアルタイプ

(データ通信
+090音声通話)

1,310円 1,410円 1,510円 2,190円

 

 

mineoの良いところ

 

即日MNP乗り換えが可能

 

mineoでは、SIMカードが届いた後に自分でMNP転入の手続きの開始を行います。

 

[ドコモの場合]
コールセンターへ電話でMNP転入の手続き開始を連絡する。

 

[auの場合]
auの場合はサイトからMNP転入の手続き開始を行う。

 

 

この手続きにより、申し込みをしてからSIMカードが届くまでの間に発生する、スマホが使えなくなる期間がほぼ無くなります。

 

他の格安スマホを選ぶと、スマホが使えなくなる期間が長く発生する場合があるので、かなりよいです。

 

 

 

ユーザー目線の対応がしっかりしている

 

マイネ王というmineoユーザーのためのサイトがあります。

 

実際にサイト見ると分かるのですが、mineo運営の情報発信はぎっちり行われていますし、実際にmineoを使っているユーザーの声と運営とのやり取りなどもあり、かなり活気のあるサイトです。

 

ユーザーに寄り添った姿勢を持っている、良い会社であることが伺えます。

 

 

 

ユーザーからの評価が高い

 

RBB TODAY格安SIMアワード2015では「総合部門優秀賞」を受賞し、MM総研大賞2015では「スマートソリューション部門 MVNO分野 最優秀賞」を受賞しています。

 

実際に使用しているユーザーからの評価は高いです。

 

 

ドコモ/auのどちらにも対応している

 

ドコモ/auのどちらにも対応をしているので、とても使い勝手が良いです。

 

SIMフリースマホなどでも、電波の周波数帯や通信方式などがより適している回線を選ぶことができます。

 

 

 

mineoの悪いところ

 

auプランではデータ通信に3G回線を使用できない

 

auプランではデータ通信は4G LTE回線のみを使っているため、3G回線をデータ通信に使用することができません。

 

そのため、3G回線のみしかないような場所での通信には注意が必要です。

 

 

利用開始翌月から12ヶ月間はMNP転出料が高い

 

解約による違約金が無いのは良いのですが、その代わりに利用開始翌月から12ヶ月の間にMNP転出(他社への乗り換え)をする場合は、MNP転出料金が高くなります。

 

 

 

mineoの評価

 

色々な面から見て、mineoはイチオシの格安スマホです。

 

ユーザーに近い目線であるのもよいですし、MNP乗り換えがしやすいのも◎

 

mineoはデータ通信速度も速く、選んで間違いなしの格安スマホです。

 

 

オススメ度:★★★★★